高齢出産って何歳から?

高齢出産とは高齢で出産することをいうのですが、厳密には高齢出産の定義というものはなく、だいたい35歳以上と言われています。

全然高齢じゃない!と思うかもしれませんね。私自身33歳なので、もうすぐ高齢出産の年齢に突入してしまうと思うと、少し複雑です。

ですが、やはり高齢とつくだけあって、35歳を過ぎたあたりから卵子は老化が進んでいくのです。卵子の力が弱まると妊娠力も弱くなってしまいます。もちろん年齢だけではありませんが、流産の可能性も高くなっていきます。

 

妊娠力が下がる?

卵子の力が低下してしまうと、体外受精をした場合、妊娠する能力も下がってしまうということです。だいたい33歳くらいから下がり始めると言われています。体外受精の成功率は33歳くらいなら20代と同じくらいの確率で1回につき3割くらい妊娠に至ることができますが、40歳だと1割ほどに下がってしまいます。

体外受精などは、卵子の力がストレートに反映されてしまうため、どうしても年齢が上がると成功率もさがってしまいますね。

高齢出産には厳密な定義はありませんが、高齢の初産に関しては「35歳以上の初産婦」と定義されています。これは日本産婦人科学会の定義に基づいています。

 

35歳の初産は高齢出産?

35歳で初めて出産する人は、高齢初産になるんですね。今は晩婚化がすすみ初産の年齢も上がっているといいますが、1993年以前は「30歳以上の初産婦」は高齢初産とされていたそうです。
今は医療技術もすすんでいるので、初産の年齢が高くても心配する必要はないと思います。

この35歳以上という年齢をきいて、「わたしは高齢出産になってしまうから」といって妊娠をあきらめてしまうのはもったいないですね!高齢出産だったから赤ちゃんに障害がでたとか、病気になったなど恐ろしい部分だけが世の中に広まってしまいがちですが、高齢であったとしても然るべき病院できちんと診察を受けて、健康に気を付けて妊娠期間を過ごすことができれば、例え40代であったとしても安心して出産できますよ。

東尾理子さんも高齢出産ですが、2人目を出産しましたよね。これから妊娠したいとかんがえている40代の女性の励みにもなりますし、がんばろうという気持ちになりますよね!

そもそも日本の妊婦さんの5人に1人は高齢出産だそうです。今は高齢出産だから・・・と妊娠をあきらめるのではなく、高齢出産であろうと妊娠したい!と頑張る女性も多いのではないでしょうか?
年齢だけではありませんよね!女性は何歳であっても母親になる資格があると思います!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る