高齢出産が増えている今、気をつけたいことは?

最近では、女性が仕事を頑張ることで晩婚化が進み、出産する年齢も徐々に高齢化してきています。

一般的には、35歳以上が高齢出産ですが、35歳で初産という人も結構多いというのが現状です。高齢出産で初めての場合は、「高齢初産」といいます。

ただし、近年は医療技術も進歩していますので、高齢出産だからといって昔のようにリスクが高いということや命の危険もあるという心配はほとんどありません。

でも、若い妊婦さんと比較した場合には出産時の体への負担、赤ちゃんの先天性や染色体異常のリスクが高まるというのは事実なのです。でも、リスクが高くなるからと言って、ムダに不安に感じたりする必要はありません。あまり緊張しすぎてしまうと、出産時に体が緊張して産道が固くなってしまい、分娩に時間がかかってしまうということもあります。

ですから、高齢出産ということで極端に不安に思うことは逆効果となってしまうのです。

 

妊娠がわかったら何をする?

妊娠していることが判明したら、高齢出産に備えて、まずは運動することを心掛けましょう。体力や筋力を落とさないように、今現在あまり体力がないという方は、無理しない程度に体力をつける努力をしましょう!

妊娠中の食事はとっても大切です!偏った食事を摂っていると、生活習慣病になる危険性が高まりますし、妊娠中の妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクも高まってしまうということをご存知ですか?

極力、塩分など控えるように気をつけてください。

 

出生前診断を受けることができる!

高齢出産の場合、妊娠初期に受ける出生前診断によって、生まれる前に染色体異常(ダウン症など)や奇形の有無がわかります。当然、絶対にやらなければいけないというものではありませんが、最近では出生前診断を受ける妊婦さんが増えているのです。

出生前に胎児の状態を知ることのメリットは何でしょう?

それは、もし何か異常があった場合に心の準備が出来る!というメリットがあります。

これが命の選別に当たるのではないか?ということで賛否両論あると思いますが、高齢で出産する以上、ある程度のリスクが高くなるのは仕方ありません。産んで育てるのはそのママ本人ですから、少しでも心配ごとをを減らしたいと思うのは当然のことです。

それでもどうしようか悩んでしまう場合は、まずはかかりつけの先生に相談してみて下さい。

高齢出産であっても、新しい命の誕生は本当に嬉しいことです。不安な気持ちを受け入れながら、前向きな気持ちで出産に挑んでほしいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る