男性の不妊治療にも助成金はでるの?

現在では6組に1組が不妊と言われています。不妊治療を行う夫婦の数も年々増えています。晩婚化の影響で妊娠を望むカップルの年齢も上がってきています。そのことも関係して、今や体外受精や顕微授精のような特定不妊治療を受けることも当たり前のようになってきていますね。

ただし、不妊治療には費用がかかります。特定不妊治療は金額も大きく、保険も聞きません。自費で払っていって気がついたら何百万も治療費を払っていたなんてことも珍しくないのです。そのために今は不妊治療の費用の負担を軽減するために国が自治体を通じて助成金を支給する「不妊治療費助成金制度」があります。

この制度のおかげで高額な不妊治療の費用をかなり抑えられるようになりました。積極的に利用していきたいですね。さらに今は男性不妊の方も増えていて、男性も不妊治療の助成金が受けられるのかどうかが気になりますよね。

男性の不妊にも女性制度があるの?

不妊は女性の問題であると思われていましたが、最近は男性不妊にも関心が集まりつつあり、不妊治療を対象にした助成を行っている自治体も増えてきたそうです。特定不妊治療(体外受精や顕微授精)に行う過程の一環として行われる「精子生検採取法、精巣上体内精子吸引採取法、経皮的精巣上体内精子吸引採取法」の費用の一部を助成してくれる自治体もあります!

助成金は手術1回につき、10万円から15万円くらいを上限に助成されるようです。もちろん自治体によって助成金額は違います。

精子採取法の手術は高額となりがちなので、10~15万円の助成があるのは助かりますね!知らないと損をしてしまいますね!
ただし、単独で助成申請はできないようで、特定不妊治療費助成の申請と、同時に申請することが条件だったり、指定医療機関の治療のみが治療対象だったりします。色々な条件があるので受けられる人は、注意が必要です。しっかりと自治体に問い合わせしていきましょう。

 

知らないと損するだけ!

Fotolia_79435876_XS

こういったことは知らないでいると、受けられないままで終わってしまいます。

どういった助成が受けられるかどうかきちんと確認して、受けられる助成制度はしっかりと受けられるように申請しましょう!

いかがでしたか?

 

男性不妊治療の助成制度は、自治体によって違いますし、こういった制度を行う自治体は最近増え始めたばかりなのでまだ対象とされていないところも多くありますので、きちんと調べる必要がありますね。こういった男性不妊治療の助成制度ももっと多く広まるといいですね。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る