高齢出産のメリットとリスクについて!

一般的に高齢出産はデメリットが多いように感じます。話題になるのは流産のリスクや、ダウン症の発症確率が上がるなど…世の中での高齢出産のイメージってどうしてもこういうイメージが先走ってしまいますよね。

でも高齢出産って悪いことばかりではないんですよ。

 

高齢出産のメリットとは?

実は高齢出産はメリットもたくさんあるのです。どんなメリットがあるのか?

例えば、高齢出産に当てはまる30代後半から40代の女性の場合、確かに体力面でいうと若い人には負けてしまうかもしれませんが、精神的にも余裕があるのは30代、40代ですよね。初産でも気持ちに余裕をもって妊娠、出産や子育てができるという面で
若いママに負けていないと思います。

確かにそうですよね。年齢だけでいうと若いほうが出産や産後の体の戻りも早いかもしれません。ですが、精神的なことでいうと20代はまだまだ未熟な面が多いです。人生においての経験も少ないですし、とまどいや迷い、不安などが多いのではないでしょうか?

30代や40代の女性が同じように妊娠出産をした場合、精神的な面で20代女性より大人であるといえますね。実際に、出産や育児に自信がないと答える世代は20代前半の母親が多いと聞きます。逆に30~40代前半の女性の場合、ゆったりとした気もちで出産や育児ができると答える人が多いそうです。

年を重ねたらその豊富な人生経験など精神力が大きく影響しているといえます。もちろん高齢だからと言って皆がそうとは言えませんし、個人差もあります。

 

経済的余裕

次に、高齢出産のメリットはなんといっても「経済的余裕」ではないでしょうか?赤ちゃんを育てるということは、それだけお金がかかってきますし、高齢ならなおさら体力的な面で自信がないという人もいると思います。

そんなときに高齢の方なら「経済力」で体力面をカバーできます。託児など一時預かりやベビーシッターを利用するなど、自分の身体を休ませることもできますよね。

 

高齢出産のリスクって?

高齢出産のリスクについて次は話していきますね。高齢出産は様々なリスクを伴います。まずは「流産」です。全体の自然流産率が10~15%あるのに対して、35歳以上では約20%に増えます。卵子の老化などが原因とされています。

次に35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなります。もちろん若い人にも同じようにリスクは伴いますが、加齢が影響しやすいのは先天性異常の中でも染色体異常(ダウン症など)が多いです。他にも妊娠高血圧症候群などのリスクも高まります。

いかがでしたか?高齢出産にリスクはつきものですが、それ以上に若い人にはないメリットもあるということを頭に入れてほしいなと思います。

高齢だからといって妊娠を迷っている人がいたら、一度ゆっくり考えてほしいなと思います。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る