妊娠しやすい体にする方法って?

妊娠したいけど、なかなか妊娠できないと苦労している方にぜひお伝えしたいので、是非読んでいただきたいなと思います。

妊娠したいと考える方は、排卵日に合わせた性交をするということだけにフォーカスしがちです。
でも、実はその人の体が妊娠しやすい体がどうかで、妊娠できるかどうかということが大きく変わってきます。

ホルモンバランスが非常に重要になってきます。ホルモンバランスが正しい排卵の基礎となります。
そのため、妊娠しやすい体を作るには、まずはホルモンのバランスを整える必要があります。

どうすれば、ホルモンバランスを整えたり活性化することができるのでしょうか?
重要なポイントは「ビタミンE」です。

「ビタミンE」には、強い抗酸化作用と自律神経のバランスを整える作用があるため、
血流が良くなり、ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待できます。

さらに卵子や卵巣機能の質があがると言われているのです。

高齢でなかなか妊娠できないという方にとっても、非常にありがたいビタミンです。

「ビタミンE」が含まれる食材には、アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生、
うなぎ、カボチャ、ホウレン草などがあります。
どれも手軽に食べられるものですが、毎日手軽に摂りたいならサプリメントがお勧めです。

ただ、サプリメントだけに頼るのではなく、食事で足りない分をサプリメントで
補うというのがおすすめです!

生活習慣の見直し

次に大切なのが、自分自身の今の生活を見直すということです。
もしかして、不摂生な食生活をしていませんか?

乱れた生活習慣をすることで、妊娠が遠ざかってしまいます。
生活習慣をきちんとするためには、まずは以下に気をつけてみてはいかがでしょう?
○まずきちんと1日3食とること
○カルシウム、鉄分を多くとること
○塩分の多いもの、添加物はなるべく避ける
○ストレスをためない
○睡眠はしっかりとる
○タバコやお酒をやめる
○適切な体重を保つ
○体を冷やさない

どれも難しいことではありません。
本当に赤ちゃんが欲しいという思いがあるのでしたらきっとできるはずです!

とはいっても、生活習慣を変えるというのは、実はかなり難しいことです。
まずは、できることからで構いませんので、少しずつ生活習慣を改善していきましょう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る