こんな方は産後うつになりやすい?その対処法とは?

産後のママ、特に初めての出産後というのは、不安が一杯なのが当たり前です。
出産という大きな仕事をやりとげて、体はかなり酷使された状態です。
そんな状態で育児が始まってしまうのです。

おじいちゃんおばあちゃんの家で助けてもらえる環境なら
まだ良いのですが、自宅で一人育児が始まるという状況の方もいらっしゃいます。

産後うつというのは、誰でもなってしまう恐れはあると思います。

産後うつの原因については、明確な研究結果が出ているわけではありませんが、
産後の急激な女性ホルモンの変化が心に影響するということも言われています。

産後うつの多くは、産後2・3週間ほどから始まり、早い人は数日で終わりますが、
長い人で数ヶ月、1~2年続く場合があるのです。

>>産後うつになりやすいのはこんな人
産後うつになりやすい人には、ある傾向があるようです。
これは、通常のうつ病と同じなのですが、まじめでパーフェクトを目指す人や責任感が強い人などが
なりやすいと言われています。

このような性格の方は、常に完璧を目指してしまうため、自分の行動に厳しくなってしまいます。
自分は何でできないんだろう・・・と一人で抱え込んでしまい、産後うつになってしまうのです。

初めての育児で右も左もわからない状況で、力が抜けない緊張状態が続き、
旦那さんは、まだまだ父親としての自覚が足りないという状態。
そんな様子を見てさらにストレスを感じてしまうのです。

また、しばらくの間、外に出ないで赤ちゃんと二人きりの狭い世界にこもりがちになってしまいます。
話し相手もいない状況ですと、孤独を感じることもあるでしょう。

夜中の授乳もかなり辛いですよね、私も経験があります。
なかなかおっぱいを飲んでくれなくて赤ちゃんの体重が増えないということで、
また落ち込んでしまうという悪循環になってしまいます。

私も、1人目の子はとにかくおっぱいに吸い付くのが苦手で、毎回くわえさせるのに苦労しました。
体重が増えないので、ミルクを足すのですが、それだけで悲しくなり泣いたりしました。
今思うと、全然気にする必要はないと思うのですが、当時は一生懸命で
考える余裕がなかったんです。

産後うつにならないためには、誰かに助けを求めるようにしましょう!
私は、里帰りしていたので、実家の母に話を聞いてもらい随分楽になりました。

ただ、最近は里帰りしないで自宅で育児をするママさんも多いので、そういう方は、
例えば、産婦人科の助産師さんに相談したりして周りに助けを求めるようにしましょう。

また、地域のコミュニティも色々ありますので、ママ友を作って
一緒に苦労を共有するというのも、産後うつにならないための
対処法になると思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る