私の長男出産体験談と、出産後に感じたこと♪

私の場合ですが、長男のときは出産予定日の前日の夕方~夜くらいから、少し生理痛の重たいような痛みが連続しておきました。でも陣痛なのか分からず、とりあえず痛みと痛みの間隔を測りました。その間隔が5分くらいまで短くなったときに、病院に電話しようと決めていました。
私の場合は陣痛から始まったので比較的に余裕がありました。空いた時間にお風呂も済ませて病院にいく準備を整えました。
どうやら私は痛みに強いらしく、5分間隔になってからも果たしてこれで病院に電話してもいいのだろうか?まだ我慢できるし、そもそも本当に陣痛なのか?早とちりではないか?色々考えてしまいました。
ですが病院に電話すると、すぐに来てくださいとのことで無事に病院に入院となりました。
その後陣痛の間隔はどんどん短くなり、あっというまに子宮口があいて、すぐに分娩となりました。
比較的安産体質のようであっというまの出産になってしまい、私より先に5人くらい陣痛で来ていた妊婦さんをごぼう抜きしてしまいました。
でも出産はやはり未知の世界で、陣痛の痛みもですが、それ以上に「いきみ」を抑えるのがすごく大変でした。まだ子宮口全開じゃないときは、いきみは我慢しないといけないんですが、その衝動を抑えることが本当に辛くて、いきんでいいよ!と言われた時は力の限りいきみました。ここで思ったのが陣痛が長引いている妊婦さんは、ここまでくるのに体力を使い大変だろうなと。私は、夜21時くらいに病院入りして翌1 時過ぎには産まれたので、24時間ほど陣痛に耐えている妊婦さんは本当に大変だろうと思います。

産後は、この子がお腹でキックしていた子か‥と思うとたまらなくいとおしく、それと同時にこの子を育てあげなくてはいけないという責任の重さを感じて不安に思ったのを今でも覚えています。
ですが育児をこなしていく中で、だんだんと自信がついてきて、子どもの1年後5年後10年後を思いながら子育てしていこうという力へと変わっていきました。

出産のスピードは人それぞれ、お腹の赤ちゃんのタイミングだと言われていますが、どうかお母さんは、どっしりとした気持ちで、もうすぐ会える赤ちゃんの顔を思いながら出産に挑んでほしいなと思います。

私たち夫婦は、妊活中から2人でがんばってきました。旦那様も葉酸サプリを毎日飲んでくれて、一緒に頑張っているなと感じることができました。

葉酸は妊活夫婦にとっては、とっても大切なことですよね!栄養成分だけじゃなく、2人の絆にもなりますよね!

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る